臨床検査技師になるための資格や試験とは?

①臨床検査技師について

(臨床検査技師とは)

臨床検査技師は病院などの医療機関において、種々の臨床検査を行います。日本では、離床検査技師等に関する法律により規定される国家資格です。以前は医師が検査を行っていましたが、医療の分業化と検査の高度化が進み、現在の医療では臨床検査技師は不可欠の存在になっています。検査は検体検査と生理学的検査に分けられます。検体検査は血液や尿、髄液など、体液中の物質濃度や働きの測定と、がん細胞などを調べるものです。生理学的検査は心電図や脳波、聴力など体を直接検査します。

(臨床検査技師の資格)

臨床検査技師は国家資格です。試験を受けるためには、受験資格を得ることができる学校を卒業する必要があり、臨床検査学科を持つ大学や短期大学、専門学校などがその教育施設になります。大学や専門学校を卒業しても、臨床検査技師の資格が取得できるわけではありませんので、臨床検査技師として働くには国家試験に合格して資格を取得する必要があります。試験は1年に1度しかありませんので、受験に失敗すると内定が取り消されることもあります。そしてもう1 年浪人して再受験することになりますので、在学中にしっかりと勉強することが大切になります。

(臨床検査技師の受験資格ルート)

臨床検査技師の受験資格は、大学では4年制、短期大学では3年制、また専門学校では3年制と4年制の課程が設けられています。また、臨床検査に関連しない大学を卒業した場合にも、臨床検査技師の受験資格を持つことができます。学部の範囲は限られますが、薬学部や獣医学部、理学部などで臨床検査関連科目の単位を取得した場合や、医学部医学科や歯学部歯学科を卒業すると、臨床検査技師の国家試験を受けることができます。

国家公務員、国家資格

 ②難易度・試験科目・試験日程などについて

(難易度)

臨床検査技師の国家試験合格率は、ここ数年は80%前後となっています。学校では国家試験を意識した試験勉強も行なわれるので、真面目に講義に出て勉強をしていれば合格できるレベルの試験と言われています。しかし、全体の合格率ではなく学校ごとに見ると、合格率が5割を切る学校もあり、毎年100%に近い合格率の学校もあります。単に全体の合格率を見るのではなく、その学校が何人受験して何人合格したのかをチェックして、学習環境なども確認の上で学校を選ぶことが大事になります。

(試験内容)

臨床国家試験は200問が出題され、120点以上が合格と言われています。専門学校の場合は、本格的に勉強を始めるのは臨地実習が終わってからになります。模試は3年生になってから始まり、学校によっては国家試験対策の授業があります。ただ1年次からの授業内容はほぼ国家試験につながります。

(試験日、試験地)

試験の実施は、2月に行われる予定で、試験地は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県です。

②勤務場所・仕事の内容・年収などについて

(勤務場所)

離床検査技師の就職先として多いのは、大きめの病院で検査部門を持っているところや、医院やクリニックから集められた血液などを検査する検査センターなどです。また、大きな病院でも対応できない検査を専門的に行う検査機関も勤務先として考えられます。そのほか、健康センターや治験個コーディネーターで臨床検査技師として仕事をすることも考えられます。臨床検査が必要な分析器製造のメーカーや新薬を開発する製薬メーカーで働く臨床検査技師も若干おります。

(仕事の内容)

臨床検査技師の仕事は、患者の体の状態を知るために、医師の指示の下に様々な検査を行う仕事です。論証検査を実施することによって、医師は患者の体の状態を客観的にみることができます。臨床検査技師は単純にデータを集めるだけでなく、病気の兆候や体の異変などを発見することも求められます。検査によって、症状があらわれる前に異常をとらえることもあり、病気の早期発見、早期治療につながることがあります。また、医師は検査のデータを元に患者を診断するので、臨床検査は診療において非常に重要なものになります。

(年収など)

臨床検査技師全体の平均年収は、480万円前後と言われています。給料は勤務先の規模や種類、勤続年数により異なります。勤続年数が増えれば給料も上がり、50歳以上の管理職では700万円程度の年収の人もいます。病院など夜勤がある職場は夜勤手当がつくので、多少収入が増えるようです。また、大きな組織は給料や待遇が良いので、大きな病院や企業に人気が集中する傾向があります。

建築士

④私立大学検査技術科学専攻系偏差値ランキング(2016年・平成28年)

 1位 帝京大学医療技術学部臨床検査学科

帝京大学医療技術学部臨床検査学科は、河合塾、東進、ベネッセの平均偏差値で55.5でした。本学では、臨床検査医学に関する専門的な知識・技術を修得するとともに、チーム医療における役割も重視し、常に適切な行動がとれる倫理観の高い人材を育成します。

2位 東邦大学理学部生物分子科学科臨床検査技師課程

東邦大学理学部生物分子科学科臨床検査技師課程は、河合塾、東進、ベネッセの平均偏差値54.8でした。本学では、化学、生物、生物分子科学の基礎から応用までを幅広く学びながら、その上に衛生検査技師、臨床検査技師の知識や技術を学ぶところです。

3位 杏林大学保健学部臨床検査技術学科

杏林大学保健学部臨床検査技術学科は、河合塾、東進、ベネッセの平均偏差値で54.7でした。本学は、臨床検査技師としての基本的な知識と技術の習得のほか、がん細胞検査、遺伝子・染色体検査を含めた先進医療技術の習得を目指します。

4位 北里大学医療衛生学部医療検査学科

北里大学医療衛生学部医療検査学科は、河合塾、東進、ベネッセの平均偏差値で54.5でした。本学科では、医療の基礎知識のほか、高度化する医療現場のニーズに応え、臨床検査のベースとなるバイオサイエンスなどの専門知識を学び、更に高度な技術を持った臨床検査技師を育成します。

5位 藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科

藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科は、河合塾、東進、ベネッセの平均偏差値で54.3でした。本学科では、臨床検査の検体検査と生理機能検査を学び、高度な知識と技術を習得します。検体検査は血液や尿などを分析してデータを得ます。生理機能検査は、患者から直接データを得ます。

⑤まとめ

医療は臨床検査の分野でも分業化と検査の高度化が進んでおり、離床検査技師による検査データは、医師が治療をする際に欠かせないものとなっています。臨床検査技師は、大学や専門学校の養成課程を修了して臨床検査技師国家試験に合格して臨床検査技師の資格が取得できます。ここ数年の合格率は80%前後で高いようですが、受験数と合格率などをよくチェックしないと、中には合格率が5割を切る学校もあるようです。学校の内容を確認して選択する必要があります。

通信教育の講座  通信教育の講座

tsushinkyouiku8診療放射線技師になるための資格や試験とは?

tsushinkyouiku8幼稚園教諭免許状

関連記事

  1. tsushinkyouiku8

    高等学校教諭免許状

    1.高等学校教諭免許状とは?資格内容や受験資格などを知ろう!皆さんが高校時代にお世話になった教師…

  2. トリマー資格人気ランキング

    日本は空前のペットブーム、犬や猫をはじめペットの手入れに必要なトリミングなどの技術者の需要が…

  3. ベジスイーツ

    ベジスイーツマイスター口コミ評判

    ちょっと聞きなれない言葉「べジスイーツマイスター」。訳せば「野菜を使ったお菓子の職人さん」ですね。健…

  4. tsushinkyouiku8

    住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

    住まいアドバイザー認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介しています。住まいアドバイザーは住宅に関する…

  5. tsushinkyouiku8

    個人情報保護士認定試験とは何か?

    1.個人情報保護士認定試験個人情報保護士認定試験とは、文部科学大臣の許可法人である一般財団法人 …

  6. 焼酎資格人気ランキング

    健康志向が強い昨今、アルコールについても糖質オフ、カロリーオフの条件に合うものが選ばれることが多くな…

  7. ファッションデザイナーアパレル

    ファッションデザイン・デザイナー資格人気ランキング

    ファッションは、いつの時代においても男女を問わず重要な関心事です。プライベートでも、職場でも、オシャ…

  8. POPライター

    POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

    POPライターインストラクター認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介しています。POPライターインス…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ