職業訓練指導員になるための資格や試験とは?

①職業訓練指導員について

(職業訓練指導員とは)

職業訓練指導員は、公共職業訓練や認定職業訓練で訓練を担当する人です。職業能力開発促進法に基づいて、公共の職業訓練施設や職業能力開発施設などで業務を行います。業務の内容は、職業の技能や知識を指導することや働く人や企業が求める教育訓練の内容に即して、働くことについての相談を支援することや教育訓練プログラムを作成することなどです。

(職業訓練指導員の資格の概要)

職業訓練指導員は、普通職業訓練を担当する場合は担当する訓練の職種の職業訓練指導員の免許が必要です。例外として、向上訓練という短期課程の訓練の職業訓練指導員や職業訓練指導員と同等以上の能力を持つ職業訓練指導員は、職業訓練指導員免許を必要としません。高度職業訓練を担当する場合は、職業訓練指導員は職業訓練指導員免許を必要としません。しかし、高度職業訓練の専門課程や応用課程を担当する職業訓練指導員は、職業訓練指導員免許を持つ人と同等以上の能力や知識、技能を持つ人であることが必要です。具体的には、博士や修士の学位を持つ人や指導員訓練の応用研究課程や研究課程の修了者などです。

(職業訓練指導員免許を申請する条件)

職業訓練指導員免許の職種は123職種あります。交付条件を満たす人からの申請によって、都道府県知事から交付されます。交付条件を満たす人とは、職業能力開発総合大学校の長期課程や専門課程の指導員訓練を終了した人、都道府県の実施する職業訓練指導員試験の合格者、またはそれらの人と同等の能力を有する次の人たちが該当します。免許職種に関して一級や単一東急の技能検定に合格して厚生労働大臣が指定する講習を修了した人、免許職種に関する学科を大学や大学院で必要単位を取得して卒業した人や高校で看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習のいずれかを免許状を有する人、および必要な要件を満たして、48時間講習を修了した人です。

国家公務員、防衛省職員

②難易度・試験内容・試験日程などについて

(難易度)

難易度は都道府県によって難易度は異なりますが、それほど難しくなく易しいと言われています。

合格率は30%から50%くらいで、都市部では電子科の人気があるようです。

(試験内容)

職業訓練指導員の試験は、学科試験と実技試験に分けて実施されます。学科試験は、123種類の全職種に共通の指導方法のほかに、職種毎に系基礎学科や専攻学科が行われます。実技試験は、職種毎に行われ、技術や技能に関する試験が実施されます。

(試験日、受験地)

試験日は、都道府県により異なります。受験地は、全国各地になります。

③就職先・仕事の内容・年収などについて

(就職先)

職業訓練指導員になるには、職業訓練指導員免許を取得する必要があります。特定の学歴や資格によって取得できる場合もありますが、一般的には都道府県で実施する職業訓練指導員試験を受験して合格することで取得します。免許を取得した後は、職業訓練指導員採用試験を受けて採用されることで、指導員として働くことができます。職業訓練指導員の就職先は公共職業訓練施設や民間の認定職業訓練施設が中心になります。

(仕事の内容)

職業訓練指導員の仕事は、職業訓練施設などで、求職者に対して就職に役立つと考えられる様々な訓練を行うことです。色々な教育プログラムを作成することや、就職についてのアドバイスや生活指導を行うこともあります。求職者が就職できるようにサポートすることが職業訓練指導員の役割になります。

(年収など)

職業訓練指導員の給料は、都道府県の職員として採用されると、都道府県の条例や規則に従って支給されることになります。初任給は、大卒の場合17万円から19万円程度と言われます。年収は、30代では400万円程度で、40代で500万円から600万円程度と言われます。

建築士

④高齢・障害・求職者雇用支援機構の全国の施設

都道府県支部

都道府県支部では、高年齢者雇用や障碍者雇用の支援、職業能力開発の支援などを行っています。具体的には、高年齢者の雇用についての相談や援助、助成金の受付、障害者雇用納付金の申告申請、地方アビリンピックの開催などを行っています。また、求職者支援制度の認定申請等の事業は、各都道府県支部が窓口となっており、各都道府県内の施設に関する経理等の管理事務で、入札等も行なっています。

地域障害者職業センター

地域障害者職業センターは、障害者に対する職業リハビリテーションサービス、事業主に対する相談や援助、地域の関係機関に対する助言や援助を行っています。地域障害者職業センターは、北海道・東北、関東、中部、関西、中国四国、九州沖縄のそれぞれの地域に多くのセンターがあります。

公共職業能力開発施設

公共職業能力開発施設は、職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)と職業能力開発大学校および職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ)があります。ポリテクセンターは、求職者の再就職を支援する職業訓練や中小企業で働く人の職業訓練や人材育成などの支援を行っています。ポリ的カレッジは、高校卒業者の人を対象に、ものづくりの基本を修得することや企業の製造などで働く為の最新の技能、技術に対応できる人材の育成を行っています。

広域障害者職業センター

広域障害者職業センターは、国立職業リハビリテーションセンターと国立吉備高原リハビリテーションセンターがあり、障害者の人への職業リハビリテーションサービスを提供しています。

職業能力開発総合大学校

職業能力開発総合大学校は、職業訓練指導員の養成や全国の訓練機関等の指導員に対しての再訓練や職業能力開発に関する調査や研究を行っています。

*職業訓練指導員の養成は、上記のように職業能力開発大学校で行われています。

⑤まとめ

日本は企業の終身雇用や年功序列などの制度の変遷とともに様相が変わってきており、雇用事情も変化してきています。職業訓練指導員の仕事はいつの時代でも需要がありますが、人材の流動化が一般的になってきている中で、新しい仕事に対しての相談や教育訓練などの職業訓練指導員の仕事がますます重要になってきています。

tsushinkyouiku8旅行業務取扱管理者になるための資格や試験とは?

tsushinkyouiku8マンション管理士になるための資格や試験とは?

関連記事

  1. マクロビ資格

    マクロビフード健康インストラクター口コミ評判

    みなさん、マクロビフード健康インストラクターに関する知識をお持ちでしょうか?マクロビフード健康インス…

  2. 筋トレ

    筋トレインストラクター認定試験口コミ評判

    誰もが一度は筋トレをやったことがあると思います。目的は、身体を鍛える為、ダイエットの一環として、健康…

  3. tsushinkyouiku8

    通信教育ならアーキテクトラーニング

    今の仕事よりも他にやってみたい仕事がある、そのための資格取得に必要な知識・スキルを身に付けたいけれど…

  4. 福祉

    福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

    心理的な病気で、会社を休みがち、辞めた人がいるというのは珍しくない最近の仕事事情。上に立つ者とし…

  5. ニードルフェルト羊毛

    ニードルフェルト資格人気ランキング

    羊毛を特殊な針で刺しながら作品を作るニードフェルト。作りながら自由に形や大きさを変えていける自由度や…

  6. キャンドル

    キャンドル資格人気ランキング

    ロウソクの揺れる炎を見ていると自然と心が癒され、穏やかな気分になります。キャンドルを入浴や食事など生…

  7. 手相

    手相資格人気ランキング

    インドが発祥とされる「手相」ほど、私たち日本人の生活に溶け込んだ占いはありません。小さな子供…

  8. ビーズアクセサリー

    ビーズアクセサリー資格人気ランキング

    一粒一粒が輝きを放つビーズを使って、世界に一つしかないアクセサリーを作るのが魅力のビーズアクセサリー…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ