編み物資格人気ランキング

あみものは若い人から年齢を重ねた人まで、幅広く楽しむことができ、また同時に日用品を作成することのできるひとつの技術でもあります。近年若い人を中心に編み物のよさが再度見直されていることもあり、人口はさらに増加していますが、いざ始めてみようという人、またいまの技術を何かに生かしたいと思っても、なかなかきっかけがつかめなかったりします。そんな人たちのために、編み物に関する資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位:編み物マイスター

編み物マイスターは、編み物を行う際の基本的な技術を有しており、さまざまな方法において編み物を実践できる技術を持った人を認定するものです。編み物にも種類があり、棒編み、かぎ針編み、アフガン編みなど実に多様です。こうした編み方をマスターし、TPOによって使い分けることができるのは、一つの卓越した技術として非常に価値があるものです。普段から編み物をしているけれど、とくに資格などを持ち合わせていない人、手芸関係の職業に従事している人にとってはかなりメリットとなる資格でしょう。
資格取得後は、編み物マイスターとして、具体的な編み物の知識を使って活動をしていくことになります。編み方が分からない人の相談に乗ったり、実際に指導を行うこともできるので、自宅やカルチャースクールなど、自分の技量とフィールドを決められればそこで経験をつんでいくことができるでしょう。

2位:手編みニットインストラクター

手編みニットインストラクターは、特にニットの手編みに関して知識と技術を持っている人を認定するための資格です。初心者が編み物を始めるにあたって非常にはいりやすく、そして自身をつけながら技術を習得できるのがニットの手編みです。初心者でも可能な編み物を分かりやすく、丁寧に指導することができる人はなかなか少なく、それを明確な形で認定する資格というのはあまり数が少ないので、価値があるといえるでしょう。普段からニットを中心に手編みをしている人にとっては、普段の経験をそのまま資格にできるのでとても好ましいものです。
資格取得後は、実際にインストラクターとしてさまざまなニットの手編みの作り方を指導していくことのできる活動が可能です。自宅で生徒さんを取っても良いですし、一方でカルチャースクールなどで活動を広げていくことも夢ではありません。実際にインストラクターとしての実績があると、編み物に限らず人に教えることができる人という評価ができるため、大きなプラスとなるでしょう。

3位:かぎ針編み講師

かぎ針編み講師は、編み物の中でもかぎ針編みを行う際の基本的な一通りの編み方と、その物品の使い方を周辺知識を交えて、本格的に生徒にレクチャーできる能力を認定する資格です。かぎ針編みは、初心者が始める最初の編み物としても割りと人気がありますが、その技法は意外にも難しく、またおくが深いものとして知られています。こうした技法を少しでも多くの人に知ってもらうため、適切で分かりやすい指導を実践できる人材として認定を受けることはとてもうれしいことです。実際の生徒さんと向き合う上でも、資格がありますと明確に提示ができるので、安心して受け取ることができるというわけです。普段からかぎ針で編み物をしている人も、編み物熟練も取得しておいてまったく損がありません。
資格取得後は、実際のかぎ針編み講師として活躍していくこととなります。奥が深く、より生徒さんの目線に立って、また客観的な目線に立って改善ができると、生徒さんの成長を見ることができるでしょう。人気が出ればカルチャースクールで講座をもてたり、講演の依頼で活躍することができます。編み物を本格的な武器としてビジネスで活躍したい人にはもってこいでしょう。

4位:毛糸編物技能検定試験

毛糸編物技能検定試験は、日本政府の文部科学省が主催する資格であり、実際に毛糸を使ったさまざまな編み物の編み方を習得している人を認定するものです。国家資格に近い性質を持った試験であるので、それだけ効力は高く、5級から1級まで段階的にかなり緻密な体系が組まれているので、常に自分自身を向上させながら、知名度やアピールをあげていくことが可能です。資格試験には珍しく、筆記と実技といった風に分かれており、とてもしっかりとした認定方式をとっているので大変安心ですね。本格的に編み物の資格を取得したいと思っている人にとってはかなり重宝する資格といえそうです。
受験後資格が認定されると、正式に国からその技術を認定されたと同様の効力を発揮することとなります。もちろん履歴書に書くことも出来ますし、実際に編み物を主体として活動していくにも、大変箔がつくでしょう。上級の資格を取ることで、講演や講師の指導などに呼ばれたりとさまざまな展開なども人脈と運しだいでつかむことができますから、とてもオススメです。

5位:棒針編み講師認定

棒針編み講師認定は、主に編み物の中でも棒を使用して編む棒編みと呼ばれる技法について、十分な知識と技術があることを認定する資格です。初心者の人にとっても棒編みはかなり一般的な編み物の基本であり、分かりやすくこれらを習得し、かつその知識を教えていけるだけの能力を開発することは、自分自身の更なる能力の向上をも意味します。資格にはDVDが付いてくるので、目で見ながら簡単に技を習得できますね。テキスト類も充実しているので、大変勉強のしがいがあります。
資格取得後は棒針編み講師として、実際に近所や自宅、公民館など幅広い活動の場所においてレクチャーができるようになります。これまで習得した技術を実際に他の人に教える経験をつんでいくことで、自分だけでなく、他の初心者の方も成長させることができる、すばらしい性質を持っているということができるでしょう。編み物が好きで、とくに人に教えるのも大好きという人にっては、まさにぴったりの資格です。
編み物資格取得通信教育講座  編み物資格取得通信教育講座

カリグラフィーカリグラフィー資格人気ランキング

フルーツフルーツ資格人気ランキング

関連記事

  1. エスニック料理資格人気ランキング

    エスニックとはそもそも民族的なことを指す英語でしたが、日本では東南アジアや西アジアなどを刺して使われ…

  2. 福祉

    福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

    心理的な病気で、会社を休みがち、辞めた人がいるというのは珍しくない最近の仕事事情。上に立つ者とし…

  3. tsushinkyouiku8

    中小企業診断士になるための資格や試験とは?

    ①中小企業診断士について(中小企業診断士とは)中小企業診断士は、中小企業支援法に基づく国…

  4. フルーツ

    フルーツ資格人気ランキング

    多くに人に、ダイエットや健康促進に、野菜や果物の利用は非常に一般的です。しかし、その活用はよく知られ…

  5. 手相

    パームリーディングアドバイザー認定試験口コミ評判

    みなさん、一度は自分の手相を見て、生命線や頭脳線を確かめたことがあると思います。また、一度は手相占い…

  6. ウオーキング資格

    健康ウォーキングアドバイザー口コミ評判

    いつまでも、これからも人気のウォーキングウォーキングはいつまでも人気があります。歩くことはいくつ…

  7. tsushinkyouiku8

    社会保険労務士になるための資格や試験とは?

    ①社会保険労務士について(社会保険労務士とは)社会保険労務士は、労働関係法令や社会保障法…

  8. パワーストーン天然石

    パワーストーンスペシャリスト口コミ評判

    テレビドラマを見ていると、成功した社長のデスクにはキラキラした巨大な石が置いてあります。いわずと知れ…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ