筋トレ資格人気ランキング

美容のためにも健康のためにも、筋力トレーニングはやはり効果抜群!毎日の日課にしている、という人も多いのではないでしょうか?けれど、意外と正しく筋トレを行っているか、地震がないというケースが多いようです。

そこで、一般の人にわかりやすくかつ効果の出る筋トレを指導したり、アドバイスすることが出来るための資格が注目されています。

この記事では中でも注目の5資格「筋トレインストラクター」「トレーニングサポーター」「アスレティックトレーナー」「認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト」「パーソナルトレーナー」についてご紹介します。

1位「筋トレインストラクター」

筋肉を鍛えるために必要なトレーニング方法について、わかりやすく指導することが出来るように、ここのトレーニングの正しい手順や重要なポイントを理解していることを証明する資格試験が、筋トレインストラクターです。また、主要部位の効率的なトレーニングの方法についての知識があることも証明されます。

また筋トレそのものだけではなく、行う筋トレ別に、ダイエット面での効果など期待できる効果についても理解していることが証明される試験になっています。

■受験料:「10,000円(消費税込み)」

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れ:インターネットから受験申込(2カ月に一度)→試験期間内までに、回答用紙を返送→「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送で到着

■受験場所:在宅受験

2位「トレーニングサポーター認定試験」

トレーニングサポーターとは、「日本生活環境支援協会」が主宰している筋トレ資格になります。

運動不足や肥満の悩みを持つ人たちが、悩み解消のために始める筋トレの効果が上がるようにサポートできるスキルが問われます。

様々な部位の筋肉に適した筋力トレーニングの基礎知識があることはもちろん、食事内容や、食事のタイミング、プロテインの選び方など、筋トレに効果的な食事の摂り方についてもサポートできることが求められます。

■受験料:「10,000円(消費税込み)」

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れ:インターネットから受験申込(2カ月に一度)→試験期間内までに、回答用紙を返送→「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送で到着

■受験場所:在宅受験

3位「アスレティックトレーナー」

筋トレ含む各種トレーニング、さらにトレーニングによる負担のコントロール、けがの予防などについても専門的な知識を問う資格を取得したいのであれば、アスレティックトレーナーがおすすめです。スポーツドクターやコートと連携して、アスリートの健康管理、外傷・障害予防や、トレーニングコンディショニングなどの管理をする役割のトレーナーとして機能します。

アスレティックトレーナーは「日本体育協会」が主宰する資格です。

資格を取得するには、まず養成講習会受講が必要になります。日本体育協会、もしくは協会加盟団体、または体育協会が特に認める国内統轄競技団体が推薦し、体育協会が認めた人が対象となります。

■受験に必要な費用:実技試験検定料 32,400円 共通科目19,440円(教材費も含みます)

専門科目72,360円

4位「認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト」

認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストは、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行できるに足る知識と、実際にトレーニングを指導するに十分な技能について認定する資格です。

認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストは、特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)が主宰する資格となります。

また、職務の性格上、心肺蘇生法(CPR)、自動体外式除細動器(AED)の受講について、受験資格の1条件となっています。CPRおよびAEDの講習は最寄りの消防署で受講することが可能です。

なお、トレーニングをアドバイスする立場であることを考慮し、学歴水準を一定に保つため、出願時には4年制大学もしくは同等の教育機関の卒業見込み証明書が必要です。

■受験に必要な費用: 49,300円(消費税込み)

5位「パーソナルトレーナー」

アスリートや一般の人たちに、希望に応じて最適のエクササイズメニューを選択し、かつトレーニング指導を行う人たちのために用意された資格がパーソナルトレーナです。

健康、体力作り、リハビリテーションなど様々な目的に応じたエクササイズプログラムを作成し、指導を行うことができるよう、筋トレ他トレーニング全般に幅広い知識が必要となります。また、職務の性格上、心肺蘇生法(CPR)、自動体外式除細動器(AED)の受講について、受験資格の1条件となっています。CPRおよびAEDの講習は最寄りの消防署で受講することが可能です。

トレーニングをアドバイスする立場であることを考慮し、学歴水準を一定に保つため、出願時には高等学校卒用以上もしくは同等の教育機関の卒業見込み証明書が必要です。

■受験に必要な費用: 49,300円(消費税込み)

まとめ

いかがでしたか?

何らかの形で、トレーニングが習慣になっている人はきっと多いことでしょう。健康のため、ダイエットのため、筋トレを欠かさず行うことはよいことですが、方法を間違えて逆効果になることも。そのために筋トレの正しい知識を伝えられる有資格者が必要とされています。

ぜひご紹介した筋トレ資格について関心を持ってくだされば幸いです。

通信教育の講座  通信教育の講座

リフレクソロジー・つぼ資格人気ランキング

ヨガ資格人気ランキング

関連記事

  1. CAD

    CAD資格人気ランキング

    CADとは、コンピュータ・エイディッド・デザイン(computer aided design)の略で…

  2. ドッグトレーニング

    ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

    みなさん、ドッグトレーニングに関する知識はお持ちでしょうか?家庭の犬のしつけは、楽しくもあり…

  3. 音楽療法

    音楽資格人気ランキング

    音楽はステレオやヘッドフォンなどでじっくり聴くばかりでなく、様々な場所でのBGMやコマーシャルなど私…

  4. 紅茶

    紅茶マイスター認定試験口コミ評判

    紅茶マイスター認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介しています。紅茶マイスターは紅茶に熟知したプロと…

  5. カクテル資格人気ランキング

    色とりどりのきれいな色、ロマンティックなネーミング、そして、ほんの少しアルコールがほしい…

  6. デッサン

    絵画インストラクター認定試験口コミ評判

    絵画インストラクター認定試験の口コミと評判情報を元に、絵画インストラクターの魅力についてもお伝えして…

  7. 焼酎資格人気ランキング

    健康志向が強い昨今、アルコールについても糖質オフ、カロリーオフの条件に合うものが選ばれることが多くな…

  8. ビジネスマネジメント

    ビジネスマネジメント資格人気ランキング

    ビジネスマネジメントとは、ビジネスに必要なさまざまな資源や資産、リスクなどを管理し、経営上の効果…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ