社会保険労務士になるための資格や試験とは?

①社会保険労務士について

(社会保険労務士とは)

社会保険労務士は、労働関係法令や社会保障法令に基づく書類の作成代行などを行います。また、企業経営の労務管理や社会保険に関する相談や指導を行うことを職業とする資格のことです。略称で、社労士や労務士とも呼ばれます。ローマ字で社会保険の頭文字を取ってSRと呼ばれることもあり、菊の花弁の中央にSRの文字が付された社会保険労務士の徽章があります。

(社会保険労務士の受験資格)

社会保険労務士を受験するためには、受験資格が必要になります。受験資格は、学歴、実務経験、厚生労働大臣が認めた国家試験合格の3つがあります。学歴は、原則として学校教育法による大学、短期大学もしくは高等専門学校を卒業した人が該当します。実務経験期間は、労働社会保健諸法令の規定に基づいて設立された法人の常勤の役員または従業者として、3年以上法令実施事務に従事することが必要になります。厚生労働大臣が認めた国家試験合格は、社会保険労務士試験以外の国家試験で、司法試験予備試験、旧法の規定による司法試験の第一次試験、旧法試験の第一次試験、または高等試験予備試験に合格した人や行政書士となる資格を保有する人が該当します。

(社会保険労務士の資格の概要)

社会保険労務士は、企業経営の人、物、金、情報の中の人に関するエキスパートとして活躍します。企業が発展するためには経営の効率化が必要ですが、社会保険労務士は人事・労務管理全般の問題点を指摘し改善策を企業に助言します。また、少子高齢化社会の到来によって変革する医療保険や年金制度などの相談にも応じていきます。これからの時代には、社労士の存在は不可欠と言えます。社会保険労務士の仕事は、大きく分けて3つに分類できます。ひとつは書類作成業務で労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成や、申請書等の提出に関する手続き代行、事務代理や紛争解決手続き代理業務などがあります。2つ目は、提出手続き代行業務で、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成があります。3つ目はコンサルティング業務で、労務面から経営の問題点を指摘し、改善策を助言することが求められます。

国家資格、運転系、自動車

②難易度・試験内容・試験日程などについて

(難易度)

社会保険労務士の試験は、難易度が高い試験だと言われています。日本には、国家資格、公的資格、採用資格など多くの資格があります。その中でも、有資格者として独占業務を持ち、開業者として実務を行うことができる弁護士や司法書士などの国家資格がありますが、社会保険労務士はその資格のひとつです。同じ国家資格の中で、税理士よりも少し易しく中小企業診断士よりも難しいと言われています。

(試験科目、合格基準)

試験科目は、労働基準法および労働安全衛生法、労働保険の保険料徴収等の法律を含む労働者災害補償保険法、雇用保険法、労務管理その他の労働に関する一般常識と社会保険に関する一般常識、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法で、択一式は7科目の70問で70点満点です。選択式は8科目8問で40点満点です。合格基準点は、選択式試験および択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定められています。

(試験日、受験地)

試験は8月に実施され、11月に合格発表が行われます。受験地は、北海道から沖縄まで全国各地で行われます。

国家公務員、公務員試験、総合職試験

③職業・仕事の内容・年収などについて

(職業)

社会保険労務士の資格を保有していても、一般企業の人事・総務部勤務の人が多いのが実情です。その他、金融機関に勤務する場合や社労士事務所に勤務する場合もあります。独立をして多額の年収を得ることも可能ですが、顧客を獲得することが難しいので、簡単ではありません。実際には、行政書士からのスキルアップとして資格を取得する人や、中小企業診断士などの資格とあわせて、多角的な活動をする人も増えてきています。

(仕事の内容)

社会保険労務士は、労務や社会保険に関するコンサルティングを行う専門家です。しかし、色々な業務があります。例えば、行政機関に提出する書類や申請書などを、労働法令や社会保険法令に基づいて、依頼者に代わって申請書等の提出手続きを行う代行や、委任状によって申請等を行う代理の仕事などを行います。また、備え付けの帳簿類や書類などの作成なども行います。もちろん本来の業務である、人事・労務管理コンサルタントとして経営の改善点を指摘して、改善策をアドバイスする仕事も行います。最近は、労働トラブルの増加に伴い、個別労働紛争の解決の促進に関する法律に基づいて、当事者の代理を行い解決策の提案をする機会も多くあります。

(年収など)

社会保険労務士の平均年収は、730万円から760万円程度と言われます。個人により格差があり、年収の範囲は350万円から900万円程度のようです。平均月収では、40万円程度と言われます。独立すれば平均年収は1000万円以上になりますが、顧客を獲得することが必須になります。

スタジオ

④社会保険労務士試験通信講座・通信教育比較ランキング

1位 資格のTAC

TACは受講タイプが豊富にありますので、自分の実力やライフスタイルに合った講座を選択することができます。例えば、通学とWeb講座のタイプや、Web通信講座のタイプ、DVD通信講座のタイプや通信フォローのタイプなど様々なタイプがありますので、選ぶことができます。無駄を省いて学習効率をアップさせることが可能になるのです。教材レベルも高くおすすめです。

2位 クレアール

クレアールは、Web通信の受講タイプです。利便性の高い教材で学習を進めることができ、単科講座の弱点の補強もできます。通信講座専門のスクールで、web動画は臨場感があり、生講義で聞いているような感覚です。社労士受験界のカリスマ講師のセミナーもあり、一発合格を勝ち取る最強のノウハウを聞くことができます。合格者返金制度もあります。

3位 資格スクール大栄

資格スクール大栄は、DVD通信講座の受講タイプです。インプットとアウトプットの学習方法により、社労士試験初学習でも効率的に力をつけることができます。テキスト教材やDVD講義などのレベルが高く、社労士試験の予備校の評価は例年上位にあります。社労士試験の合格を効率的に狙うには、資格スクール大栄の講座が適しています。

4位 ユーキャン

ユーキャンは、テキスト通信講座の受講タイプです。疑問を感じるほどの、格安の通信講座を受講できます。10万円以下に出費を抑えたい人にはおすすめの講座です。受講生からのコスト満足度も高くなっています。ユーキャンの社会保険労務士講座は、初学者の人でも安心して学習が進められる教材を用意しており、多くの合格者を出している信頼と実績の講座として知られています。

5位 資格の大原

大原はwebの受講タイプ、DVDの受講タイプ、音声DLの受講タイプがあります。講座の種類が豊富で、模擬試験にも力を入れている社労士予備校、専門学校です。例年の合格実績が多く、講座を選択する際には検討する価値のある内容を持っています。本格的に社会保険労務士資格を取得するのであれば、資格の大原も有力な候補になります。

⑤まとめ

日本のビジネス世界は労働者の雇用の問題が取り上げられることが多くなり、社会保険労務士の役割に対する期待が大きくなっています。また、保険や年金の制度も専門性が求められるようになっており、専門知識を持つスペシャリストとして、社会保険労務士への需要は更に高まっている状況にあります。社会保険労務士の資格試験の受験者は増加しており、現在も難関の資格ですが今後はますます競争が激しくなっていくことが予想されます。しかし取得する価値のある資格であり、仕事の内容や収入の面で魅力があるだけでなく、将来的にもニーズが見込める資格であると考えられます。

tsushinkyouiku8裁判所事務官

tsushinkyouiku8自衛隊一般曹候補生

関連記事

  1. 姿勢

    美姿勢コーディネーター口コミ評判

    みなさんは、美姿勢関する知識をお持ちでしょうか?姿勢というのは、健康維持にいいだけでなく美容や心のケ…

  2. 数秘術

    数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

    日々の日常に根付いている数字占いは、数秘術と言われ、私達にとって最も身近な占いかもしれません。子供の…

  3. tsushinkyouiku8

    義肢装具士になるための資格や試験とは?

    ①義肢装具士について(義肢装具士とは)義肢装具士は医師の処方の元に、義肢および装具の装着…

  4. ハーブ

    ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判

    ハーブライフインストラクター認定試験の口コミと評判情報をまとめています。ハーブライフインストラクター…

  5. ファスティング

    ファスティングダイエットアドバイザー口コミ評判

    みなさんは、ファスティングダイエットに関する知識をお持ちでしょうか?ファスティングダイエットとは、一…

  6. 夢占い

    夢占いアドバイザー口コミ評判

    みなさん、普段どういった夢を見ますか?楽しい夢や怖い夢、現実では起きそうにない夢や現実で起き…

  7. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

    自分で選んだこだわりのワインを楽しむという方が増えています。ワインは老若男女を問わず大変人気があり、…

  8. 福祉

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    いろいろな習い事をする中で、たくさんのインストラクターに出会ってきました。いつも輝いている素敵な先生…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ