焼酎資格人気資格徹底比較

健康志向が強い昨今、アルコールについても糖質オフ、カロリーオフの条件に合うものが選ばれることが多くなりました。

中でも日本古来のお酒である「焼酎」は、糖質ゼロの上に、ビールなどと異なりプリン体の量も少ない、と糖尿病や痛風などに悩む人には救世主のようなお酒です。加えて近頃の研究により、「プラスミノーゲン」という酵素が、血液をサラサラにする効果があることがわかってきました。

この焼酎人気を受けて、焼酎に関する資格についても注目が集まっています。

この記事では中でも注目の4資格「焼酎ソムリエ」「焼酎コンシェルジュ」「焼酎検定」「焼酎利き酒師」についてご紹介します。

★「焼酎ソムリエ」

焼酎の基礎知識だけではなく、より実践的に、飲む人の好みに合わせた焼酎の飲み方をセレクトし、それぞれの長所も伝えられるスキルの証明になる「焼酎ソムリエ」は、「日本安全食料料理協会」が主宰している専門資格になります。

焼酎の原材料である芋、米、麦、蕎麦、胡麻、シソ、それぞれの風味と効能の違い、また産地ぞれぞれの気候や風土によって焼酎の風味が異なることなど、焼酎について正しい知識を有していることを証明することができる資格です。

■受験料:「10,000円(消費税込み)」

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れ:インターネットから受験申込(2カ月に一度)→試験期間内までに、回答用紙を返送→「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送で到着

■受験場所:在宅受験

「焼酎コンシェルジュ」

焼酎コンシェルジュとは、「日本インストラクター技術協会」が主宰している焼酎関連資格になります。

様々な材料から作られる焼酎の特徴や製法などに関する知識はもちろんのこと、シチュエーションに合わせた焼酎の銘柄の選び方、また焼酎を注ぐグラスやあわせる料理の選び方などをアドバイスできるレベル知識を持つことを証明することが出来ます。

また、様々なシーンでの焼酎の楽しみ方や、焼酎を使ったおもてなしまで提案できるスキルがあることも必要です。

■受験料:「10,000円(消費税込み)」

■受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れ:インターネットから受験申込(2カ月に一度)→試験期間内までに、回答用紙を返送→「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送で到着

■受験場所:在宅受験

「焼酎検定」

焼酎検定は、「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)」が認定する資格試験になります。

3級、2級、準1級、1級までの4段階に分かれており、ネット受験であればなんと無料になっています。

都合の良い会場で受験することもできますが、そちらは有料です。

「飲酒文化、地域文化について」「原料(米、水、微生物)、製造方法について」「未成年飲酒の危険性や飲酒運転の撲滅など、飲酒のモラル、マナーについて」「飲用温度、酒器、料理との相性、ラベルの読み方などについて」「焼酎はじめ日本酒の生産量、消費量、海外事情、銘柄、醸造元」など、焼酎のみならず日本酒全般の知識が試される人気資格です。

「焼酎利き酒師」

焼酎アドバイザーは、焼酎に関する豊かな知識と、好みに合った焼酎をセレクトできるスキルが証明できるとあって、飲食業や酒販売店などの現場で、即戦力となる資格として人気を集めています。

資格の取得には「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会」の行なっている焼酎アドバイザー講座を受講し認定試験に合格する事によって取得できます。

非常に専門的な焼酎の知識を問われ、第三次試験ではテイスティングがあります。さらに面接試験を合わせると第四次試験まであります。

「泡盛マイスター」

日本最古の蒸留酒である泡盛は、沖縄を中心として愛される焼酎です。

泡盛マイスターは「一般社団法人泡盛マイスター協会」が主宰する認定資格です。

泡盛の銘柄ごとの味の違いや創られてきた歴史などの基礎知識と、料理との相性など実践的なアドバイスができる泡盛に精通したアドバイザーとしてのスキルが問われます。

まとめ

いかがでしたか?

糖質ゼロで低カロリー、様々な健康効果も併せ持つ焼酎は、若い女性達にも人気のあるお酒になってきました。ますます需要が高まる焼酎人気、ぜひご紹介した焼酎関連資格について関心を持ってくだされば幸いです。
焼酎焼酎

姿勢姿勢資格人気資格徹底比較

猫猫資格人気資格徹底比較

関連記事

  1. 紅茶

    紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

    紅茶アドバイザー認定試験の口コミと評判をまとめて紹介しています。紅茶アドバイザーは独学でも取得できる…

  2. ハーブ

    メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判

    メディカルハーブカウンセラー認定試験の口コミと評判を元に、詳しく紹介しています。メディカルハーブカウ…

  3. tsushinkyouiku8

    文化庁発掘調査研究員

    1.文化庁発掘調査研究員とは?その資格内容や受験資格を知ろう!文化庁発掘調査研究員!?なんだそれ…

  4. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気資格徹底比較

    カリグラフィーという言葉を聴いたことのある人は、あまりいないかもしれません。カリグラフィーとは、文字…

  5. デザイナー

    インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

    インテリアアドバイザー認定試験の口コミと評判を分かりやすくまとめています。これからインテリアアドバイ…

  6. ぬか漬け資格人気資格徹底比較

    朝ごはんのお供やお弁当に、日本人の生活に欠かせないのがぬか漬けです。あるとついつい箸が進んでしまいま…

  7. tsushinkyouiku8

    保健師とは?保健師資格の取得をするには?

    ①保健師について(保健師とは)保健師は市町村の保健センター、企業や学校に常駐して病気やケ…

  8. tsushinkyouiku8

    インターネット実務検定試験とは何か?

    1.インターネット実務検定試験インターネット実務検定試験とは、インターネット実務検定協会が実施し…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ