国立国会図書館職員

1.国立国会図書館職員とは?資格内容や受験資格などを知ろう!

皆さんは国立国会図書館職員という国家公務員をご存知でしょうか?
単に図書館の職員というだけなら簡単な職員ですが、今回は違うのです。

とはいっても、図書館の職員ということに変わりはありませんが・・・
内容が全くと言っていいほど変わってくるわけなのです。

さらに重要なのはその難易度の高さなのです!
この資格の合格率は超高難易度なのです。
総合職の合格率はなんと0.9%!一般職は少し高めの2.6%ほどなのです。

1%に満たない合格率と聞くと、その難しさがわかるはずです。
しかし、それを考えると、非常に大切な資格だというのがわかるでしょう。

合格難易度が難しいのは、国会の重要役を担う職員と
なる為であることに加え、様々な仕事があるからですね。

ということで、今回は国立国会図書館職員の受験資格や資格内容などを
ご紹介していきましょう!さらに気になる年収もざっとご紹介しましょう!

2.国立国会図書館職員の資格内容とは?

国立国会図書館職員の業務内容には、調査業務・司書業務・一般業務の3つがあります。

詳しい内容としては図書館の司書としての仕事や、
国会議員の国政審議に対しての資料提供の仕事などを行う職員になるための国家試験となります。

受験資格

【総合職試験/大卒程度試験】

  1. 受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。
    但し、21歳未満でも大学を卒業した者・卒業見込みの者は可

【一般職試験/大卒程度試験】

  1. 受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。
  2. 21歳未満で、以下に該当する者。

ア)大学を卒業した者・卒業見込みの者
イ)短大・高等専門学校を卒業した者・卒業見込みの者

【一般職試験/高卒程度試験】

受験年の4月1日で18歳以上24歳未満の者で以下に掲げる者。
ア)高校・短大・高等専門学校等を卒業した者・卒業見込みの者
(但し、大学卒業以上の学歴を有する者・大学を卒業見込みの者を除く)

これより以下が資格のない者となります。

  • ① 日本の国籍を有しない者
  • ② 国会職員法第2条の規定により国会職員となることができない者。
  • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
  • 懲役又は禁錮の刑に処せられて、その刑の執行を終わらない者又はその刑の執行を受けることのなくなるまでの者。
  • 懲戒処分により官公職を免ぜられ、その身分を失った日から2年を経過しない者。
  • 前3号のいずれかに該当する者のほか、国家公務員法(昭和22年法律第120号)の規定により官職に就く能力を有しない者。

以上が詳しい受験資格となっております。

3.国立国会図書館職員 大学・専門学校ランキング

1位 駿台 法律経済&ビジネス専門学校

東京都千代田区にある有名な専門学校で、多くの公務員試験合格を
目的としたカリキュラムが用意されており、高い合格率を誇ります。

地方~国家公務員まで幅広く扱っているため、自分の探す公務員試験に
向かって専門知識を学ぶことが可能となっております。

2位 大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川

テレビCMでもおなじみの「本気になったら大原」のフレーズ。

ここも多くの公務員試験を扱っており、同じ大原でも大原法律専門学校
と比べても莫大な数の公務員試験について学ぶことが出来、一人一人の講師が
専門知識を事細かく指導してくださるため、大人気です。

3位 長岡公務員 情報ビジネス専門学校

県内トップクラスの合格&就業率を誇る専門学校です。

奨学金制度が充実していることや、少人数クラス制であること、社会人入試やAO入試など
多くの優遇制度があり、専門知識も幅広く学べることを考えると、学習に集中できますね。

4位 新潟公務員法律専門学校

駅から近く寮もあり、奨学金も充実しているため、金銭に余裕がない方でも
通うことのできる専門学校になっているはずです。

さらに、資格自体も非常に幅広くおおくのものを扱っているため、
目指すものが定まっていないという方でも選べるでしょう!

4.国立国会図書館職員になるために

国立国会図書館職員になるためには、多くの知識が必要になります。
それは、国会に関しての知識や司書を務めるための知識など
非常に様々な知識が必要になってくることが予想されます。

しかし、そんな知識を学ぶために専門学校というものがあります。
専門学校では、専門分野の知識を非常に多く学ぶことが出来るため
国家公務員などの国家資格についての試験を受けることが出来ます。

試験自体も難しく、簡単に合格することはほぼ不可能ですが、
実際に合格をしている人がいるのも、また事実の一つですよね?

ということは、誰もが合格する可能性は持ち得ているということになります。
簡単ではない話にはなるのですが、可能性を信じて日々努力が大切ですね。

全国にいるライバルに負けない為にも、毎日勉強を続けましょう!
その毎日こそが輝く明日への扉となるでしょう!

通信教育の講座  通信教育の講座

tsushinkyouiku8理学療法士になるための資格や試験とは?

tsushinkyouiku8国税専門官

関連記事

  1. 美容つぼマイスター認定試験口コミ評判

    体中につぼ(経穴)という箇所がたくさんあります。つぼがある箇所の多くは、重要な神経や血管、筋走行上に…

  2. カラーセラピー

    カラーセラピー資格人気ランキング

    疲れているときに派手な色がちょっとうるさく感じられるなど、色によって気分が微妙に変わるという経験が誰…

  3. POPライター

    POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

    POPライターインストラクター認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介しています。POPライターインス…

  4. tsushinkyouiku8

    通信教育で資格をゲット

    不況不況と騒がれている現在、なかなかいい勤め先が見つからないと嘆いている方も少なくないのではないでし…

  5. tsushinkyouiku8

    旅行業務取扱管理者になるための資格や試験とは?

    ①旅行業務取扱管理者について(旅行業務取扱管理者とは)旅行業務取扱管理者は、旅行業法に定…

  6. tsushinkyouiku8

    歯科技工士になるための資格や試験とは?

    ①歯科技工士について(歯科技工士とは)歯科技工士は、歯科医師が作成した指示書を元にして入…

  7. tsushinkyouiku8

    情報システム・コンサルタント資格認定試験とは何か?

    1.情報システム・コンサルタント資格認定試験情報システム・コンサルタント(ISC)資格認定試験と…

  8. パワーストーン天然石

    占い資格人気ランキング

    占いは、毎日の生活を送る上で、または、人生のターニングポイントにおいて、選択のヒントやきっかけを与え…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ