人気資格ランキング

現在、資格を持っているといないでは、就職や転職、お客様との商談などで大きな差が出ることもあり、取得を考える人が多い現状です。そんな中でも、人気の資格は時代の流れの中で常に大きく変化し続けており、わたしたちはそれを素早く察知して、自分のスキルとして身につけていくことで、今後の働き方や生き方に活かしていきたいものです。

そこで、今注目され人気のある資格をランキングにしました。職種や趣味、生き方の分野に活かせるものがあれば、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

1位 収納マイスター

テレビや雑誌でも取り上げられることの多くなった収納の分野。それを専門的に学びたいという方が増えたことが人気の理由かもしれません。収納マイスターは、日本生活環境支援協会が発行している資格で、整理や収納方法が学べることに加え、在宅での試験ということで取得もしやすい資格です。資格を取得すると講師活動もできますので、自宅でのワークショップを開いたりカルチャースクールの講師になれることも!収納のことを極めたい方や、人に喜ばれる仕事をしたい方などにはもってこいの資格です。

2位 ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーは、根強い人気を誇っています。ブームで終わらず、現在も愛用者が多いアクセサリーのひとつです。制作も難しくなく、コツをつかめばできるとあって、制作者が多い分野でもあります。そんな中で、ビーズアクセサリーデザイナーという資格をとって知識やデザイン力を向上させ、他と差をつけようとする方が増えてきたのかもしれません。試験が2か月に1回開催されていることや、在宅試験という点も選ばれる理由でしょう。

3位 インテリアデザイナー

インテリアに関する資格は、住宅関係の仕事をしている方だけにとどまらなくなってきました。現在では、主婦や他の分野の職種の方にも取得を考える方が増えているようです。室内環境の大切さが浸透してきた結果かもしれません。インテリアデザイナーは、それぞれ多様化しているライフスタイルに合わせて、専門知識を活かしインテリア空間をプロデュースできるようになります。日本デザインプランナー協会主催の人気急上昇の資格です。

4位 インテリアアドバイザー

こちらも、3位のインテリアデザイナーと同様の日本デザインプランナー協会主催の資格ですが、並んでのランクインは、この2つの資格をダブル取得される方が多いのが理由かもしれません。デザイナーとの違いは、顧客のニーズを把握し専門知識を活かし、より良いご提案のできるスキルを身につけられるという点。2つの資格をダブル取得することで、よりお客様の信頼度をアップさせるツールになります。

5位 鉛筆デッサンマイスター

通信講座(自宅)で取得できることもあり、年配の方でも取組やすい点が人気の鉛筆デッサンマイスター。インターネットの普及で、手書きの良さが再確認され始めていることで、受験者も増えているのかもしれません。鉛筆デッサンは、文字通り鉛筆を使い対象を描写する手法です。必要な知識や技術があると認定されると、日本デザインプランナー協会より資格が発行されます。短期間での取得も可能で、趣味として始める方や現在やっているスキルをアップさせたい方にも最適な資格。自分で風景や人物画など書けるようになると、世界がもっと広がりそうですね。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ