キャリア・コンサルティング技能検定に合格するためには?

①キャリア・コンサルティング技能検定について

(キャリア・コンサルティング技能士とは)

キャリア・コンサルティング技能士は、技能検定制度の一種になり、キャリア・コンサルティングの国家資格になります。職業能力開発促進法に基づいて、厚生労働大臣が指定する試験期間が実施する、キャリア・コンサルティングの学科と実技試験に合格した人が資格を取得します。2008年に職種が追加され、1級と2級に区分されています。1級は指導レベルとされ、2級は熟練レベルとされ、CDAやGCDF、産業カウンセラー協会認定キャリア・コンサルタントなどの上位資格と同様の資格とも言えます。

(受験資格)

1級は、10年以上の実務経験を有する人、9年以上の実務経験を有していて、大学で検定職種に関する科目について8科目以上修得し修了した人、または標準レベルのキャリア・コンサルタント、2級合格後、3年以上の実務経験を有する人が受験資格を持っています。2級は、5年以上の実務経験を有する人、4年以上の実務経験を有し、大学で検定職種の科目を20単位以上修得し卒業した人、標準レベルキャリア・コンサルタント養成研修と同等もしくはそれ以上の養成研修を修了した人、3年以上の実務経験を有し、大学院において検定職種に関する科目の8単位以上を修得し修了した人、または標準レベルキャリア・コンサルタントである人が受験資格を持っています。

(試験合格後の称号)

試験に合格すると、等級に応じてキャリア・コンサルティング技能士の称号が付与されます。資格は、1級コンサルティング技能士、2級コンサルティング技能士というように、等級を明示することが必要になります。等級を表示しないことや等級の表示位置を誤ること、職種名を省略して表示することはできないことになっています。

日商マスター

②難易度・試験内容・試験日程などについて

(難易度)

難易度はBの普通のレベルとなっていますが、実務経験も必要であり、簡単に合格する難易度ではありません。平成27年度の合格率は、2級の学科で48.9%、実技で18.8%、1級の学科が48.1%、実技が4.5%でした。

(試験内容)

試験内容は、学科試験はキャリア・コンサルティングの社会的意義、相談実施等にかかわる諸理論および諸制度、相談実施技法、相談実施の包括的な推進と効果的な実施能力です。実技試験は、相談実施にかかわるスキル、相談実施過程において必要なスキルです。

(試験日程、受験地)

試験日程は、前期試験は6月から8月にかけて、後期試験は12月から2月にかけて行われる予定です。受験地は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇の予定です。

③就職先・仕事の内容・年収などについて

(就職先)

キャリア・コンサルティング技能士の就職先は、人材紹介、人材派遣、再就職支援の人材ビジネス企業などです。最近は、大学や高校、企業内でもキャリア・コンサルタントの需要が急激に多くなっています。

(仕事の内容)

仕事の内容は、企業の人事や教育研修部門の関連業務としてのキャリア相談や、人材サービスビジネスでは人材の斡旋や派遣、現場でのキャリア面談、自治体などでのキャリア支援業務などを行います。

(年収など)

キャリア・コンサルタントの平均給与は約35万円で、平均年収は490 万円程度だと言われています。就職先の規模や状況によって異なり、成約の実績によって大きな差があります。

司法書士

④キャリア・コンサルティング資格ランキング

1位 キャリア・コンサルティング技能士国家資格試験

キャリア・コンサルティング技能士国家資格試験は、厚生労働省が技能検定制度の一種として認定している国家資格です。試験は、キャリア・コンサルティング協議会が実施しています。試験は学科と実技があり、キャリア・コンサルティングの社会定期など道義、相談実施技法などか出題されます。資格は1級と2級の2階級があり、1級は年に1回12月に開催され、2級は年に2回6月と12月に開催されます。

2位 CDA(キャリア・デベロップメンㇳ・アドバイザー)資格試験

CDA資格試験は、日本キャリア開発協会が認定している資格です。試験の受験資格として、日本キャリア協会が開催しているCDA養成講座を受講修了している必要があり、試験は1時が学科試験、2次が実技試験になっています。実技試験では、面接のロールプレイングを行います。試験は年に3回、4月・7月・11月に開催されています。

3位 ICDSキャリア・コンサルタント検定試験

ICDSキャリア・コンサルタント検定試験は、ICDS(インテリジェント・キャリア・デザイン・サポーターズ)が認定している資格です。試験の受験資格として、ICDSが開催している養成講座を修了している必要があり、3年以上の実務経験も必要です。資格は、キャリア・コンサルタント1号・2号の2階級があります。試験は学科試験と実技試験があり、年に3回3月・7月・11月に開催されます。

4位 GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム

GCDFは、個人のキャリア支援のためにアメリカで生まれた米国認定資格です。現在では、日本やカナダなど世界16地域で採用されています。日本では、2001年にGCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムがスタートしました。2年以上をかけて日本向けにカスタマイズされたこのトレーニングプログラムは、キャリア・コンサルタントとして活躍するための基本を短期間で身につけられます。2016年4月から、キャリア・コンサルタントは国家資格になりました。

5位 産業カウンセラー認定協会

日本産業カウンセラー協会は、1960年に創立されました。1970 年には社団日宇人として認可され、50年を超える歴史と実績があります。企業カウンセラーの育成をはじめ企業・団体向けの研修や相談、個人向けの電話相談活動など、領域は多岐に渡っています。現在は、メンタルヘルス対策、キャリア開発援助、職場の人間関係の3つの柱を中心に活動を行っています。

⑤まとめ

キャリア。コンサルティング技能検定は、2001年に厚生労働省が発表した5年間5万人人材育成計画を受けて、キャリア・コンサルティング資格の質を高めるために新しく創設された技能士資格です。かつての日本の終身雇用や年功序列制度が崩れつつある状況の中で、積極的な転職や就職の相談に応じて、正しい方向性を示すコンサルタントの役割は、ますます大事になってきています。

tsushinkyouiku8土地改良換地士になるための資格や試験とは?

tsushinkyouiku8警備員指導教育責任者に合格するためには?

関連記事

  1. フラワーアレンジメント

    飾花インストラクター認定試験口コミ評判

    飾花インストラクター認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介しています。飾花インストラクターは人気のフ…

  2. ハーブ

    ハーブ資格人気ランキング

    気持ちが落ち着かず、なかなか眠れない時には、ハーブティーを飲むと落ち着くといわれます。ハーブは、数多…

  3. フラワーアレンジメント

    フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判

    フラワーアレンジメントデザイナー認定試験の口コミと評判をまとめて解説しています。フラワーアレンジメン…

  4. ビジネスマネジメント

    ビジネスマネジメント資格人気ランキング

    ビジネスマネジメントとは、ビジネスに必要なさまざまな資源や資産、リスクなどを管理し、経営上の効果…

  5. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

    自分で選んだこだわりのワインを楽しむという方が増えています。ワインは老若男女を問わず大変人気があり、…

  6. コールド・プロセスソープ手作り石鹸

    手作り石鹸資格人気ランキング

    健康志向が進むとともに、安全・安心な素材を使った手作りの石鹸の人気が高まっています。手作り石鹸につい…

  7. ブリーダー資格

    ペット繁殖インストラクター口コミ評判

    みなさんは、ペット繁殖インストラクターに関する知識をお持ちでしょうか?共生社会とも呼ばれる現代におい…

  8. トリマー

    トリマー資格人気ランキング

    日本は空前のペットブーム、犬や猫をはじめペットの手入れに必要なトリミングなどの技術者の需要が大変多く…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ