カリグラフィー資格人気ランキング

カリグラフィーという言葉を聴いたことのある人は、あまりいないかもしれません。カリグラフィーとは、文字を美しく書くことを目的とした行為であり、西洋の書道、ペン習字といった愛称で呼ぶ人もいます。もともと、万年筆やインクを使用して綺麗に文字を書くことができるかどうかは、自分が教養がああるかをアピールするための大切な指標である、と西洋ではされており、上流階級を中心にこのカリグラフィーが広まりました。西洋文化が入り、日本でもカリグラフィーをたしなむ人が増えていますが、多くの資格がありなかなか選べない背景もあります。ここでは、カリグラフィーの資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位:カリグラフィーデザイナー

カリグラフィーデザイナーは、カリグラフィーを行うのに必要な道具や実際の方法を熟知しており、カリグラフィーの歴史をしっかりと分かった上で表現することができる人材を認定するものです。もともと上流階級のたしなみであったカリグラフィーは、その方法や物品などにもルールが存在し、正しく進めていく必要があります。こうした基礎的な知識を持っていることは、一つの大きな技術として有用であり、また他人に教えることができるレベルというのはそれなりに熟練していないと不可能なものであることが分かります。ネット社会、IT機器が発達しても、未だに手書きでの宛名を使用するところは多く、これこそが人情味のこもった部分でもあります。こうした際に技術を使ってすばらしく目を引くことができるのは大変すばらしいことであるといえるでしょう。普段から手書きが多い事務職や秘書といった職業、また一般の人であってもたしなみという点で資格を身につけるのは大いにメリットがあります。
資格取得後は、カリグラフィーデザイナーとして、実際に自分の創造したカリグラフィーを武器として、幅広く活躍することができます。文字には個性がでますから、魅力的なカリグラフィーが実践できる人は、それだけ需要があります。また、基礎的な技術は変わらないので、カルチャースクールにてより多くの生徒さんに教えていくことも出来るほか、カリグラフィーを知らない人たちに、魅力を伝えることもひとつの目的になるなど、切り口しだいで活動の広がりが期待できるでしょう。普段から物をかくのが好きであったり、文字やアートに興味がある人にはオススメです。団体競技ではないので一人でこつこつと活動する人にとってもオススメです。

2位:カリグラフィー飾り文字インストラクター

カリグラフィーは飾り文字インストラクターは、欧文体のカリグラフを魅力的に行うことのできる技術を習得している人を認定するための資格です。普段から私たちが日常的に使用している文字ですが、特に欧文体においては、脈々と歴史を重ねて受け継がれてきた伝統的な筆記方法、書体が存在します。こうした技術を身につけ、そしてそれを魅力的に見せられること、さらにそれを技術として他の人に伝えることができ、より多くの技術者を増やしていくことができるのは大きな価値を持っているとされています。魅力的な文字を書くことができるというのは、教養にとどまらず、手紙やポップ、看板や宣伝に至るまで幅広く活用することができ、それは雑貨屋さんから有名企業の硬い現場に至るまで変わりません。仕事や日常で手書きの文字を書く機会がある人にとってはかなりメリットのある資格です。また、実際に誰かに何かを教える活動や仕事をしている人にとっては、その一環として文字を見てもらうこともできるので、大変有用であるということができるでしょう。
資格取得後は、実際のインストラクターとして、自分以外の人物に技術を教えていく実践的な活動を展開していくことができます。会社や自宅はもちろん、地域の講座を開いたり、といった活動も期待できますから、単純にフィールドが広がります。また、より魅力的な文字を描く技術を持った後進を育てることができるので、文化に対してもかなり貢献ができるでしょう。教師や会社員、アーティストに至るまで、さまざまな経歴な人にとってプラスになることは間違いありません。

3位:公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格は、日本手芸協会が主催するカリグラフィーのための資格であり、より西洋の文字や書体を魅力的に見せることができる技術を認定するものです。さらにこの資格は講師資格であることからも、団体の中で未経験者を指導していく能力をもっている人を認定する意味合いも同時に秘めています。カリグラフィー部門は、この団体の中で本科の生徒さん、高等科、講師科カリグラフィー指導員、カリグラフィー師範といった形でどんどんとステップアップをしていき、だんだんと高等なテクニックを要求される一方で、それを教えられる幅も広がっていくという体系的な方法をとっています。普段から手紙や欧文書体を書く経験の多い人、また文字を書くということ自体が好きであり教養として身に着けたいと考えている人にとっては、非常に利益になります。
資格取得後は、さらに上のステップに行くために研鑽を重ねながら、同会の中で本科や高等科の生徒さんを中心に、その作品や出来上がりをチェックする先生の役割を担っていくこととなります。また、プライベートやビジネスなどにおいても、積極的にカリグラフィーを啓蒙し、そして実際に教えていくことができますから、資格の使い方しだいで大きく幅が広がることが良く分かりますね。

着物着付け方資格人気ランキング

編み物資格人気ランキング

関連記事

  1. 和食

    日本料理インストラクター口コミ評判

    世界遺産に日本料理である和食が登録され、世界的にも日本料理の知名度と評価が上がってきました。そして2…

  2. 酒粕資格人気ランキング

    酒粕に関する資格を取得すれば、さまざまな日常生活で活用することはもちろん、仕事に活かすことも可能です…

  3. つぼ

    美容つぼマイスター認定試験口コミ評判

    体中につぼ(経穴)という箇所がたくさんあります。つぼがある箇所の多くは、重要な神経や血管、筋走行上に…

  4. 和菓子

    和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

    みなさん、和菓子文化に関する知識をお持ちでしょうか?日本文化や行事には欠かせない和菓子、知識…

  5. トリマー

    ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判

    今、日本はペットブームと言われており、年々、犬や猫などのペットを飼われる方が急増しています。また、そ…

  6. tsushinkyouiku8

    旅行業務取扱管理者になるための資格や試験とは?

    ①旅行業務取扱管理者について(旅行業務取扱管理者とは)旅行業務取扱管理者は、旅行業法に定…

  7. ヨーグルト講座

    ヨーグルトマイスター口コミ評判

    みなさん、ヨーグルトマイスターに関する知識をお持ちでしょうか?日々、仕事や家事・育児で疲労が蓄積され…

  8. ドライフルーツ

    ドライフルーツ製法インストラクター口コミ評判

    乾いた食材、干物や切干し大根などさまざまあります。栄養がぎゅっと凝縮される、独特の風味が加わる、そう…

通信教育講座情報

通信教育で学ぶ

PAGE TOP
ツールバーへスキップ